FX口座開設ガイド~最適なFX口座を~

FX口座開設ガイド~最適なFX口座を~ FXの実践

FX口座選びにおいて重要なポイントは、スプレッドや取扱通貨、スワップなど、人それぞれのトレード戦略で大きく異なります。

スキャルピングやデイトレードなど、1日の取引回数が多い人にスプレッドコストのかかるFX口座は適していません。

取引量の少ない新興国の通貨で一攫千金を目指そうと考えている人には、ドルやユーロといった主要通貨しか取り扱わないFX口座は魅力的に見えないでしょう。

つまり、自分のスタイルを見つけた上でFX口座を見つけることが大切です。

FX口座選びのポイントとトレード戦略

しかし、FX初心者の方は「未経験なのにどうやって自分のやり方を知れば良いのか?」と考えるのではないでしょうか。自分の性格、FXに対して使える時間を考えてみましょう。

自然と使いやすい口座も決まってきます。

時間もあるしスキャルピングで稼ぎたい

「1日の中で比較的沢山時間が取れる」というあなた。「チャートの動きをみるのがとても楽しい」と思っているのであれば、スキャルピングがオススメです。

スキャルピングとは、10銭20銭といった小さな動きに応じて売買を繰り返し、少しずつ利益を稼ぐ方法です。

このやり方は必然的に取引回数が増えます。

その為、売買手数料、スプレッドコストに費用がかかると非常に勿体ないのです。

つまり、FX口座もスプレッドが安い会社を開設すべきという結論になります。

DMM.com証券やGMOクリック証券などが条件を満たした口座の一例です。

また、夜の22時から午前2時頃までFX相場は活発な動きを見せます。

時間が取れなくても、この時間帯に取り組める方ならスキャルピングで大きく収入を増やせます。

高いスワップポイントで外貨預金代わりのFX

「頻繁にトレード時間は取れないし、出来るだけローリスクが良い」と考えているあなた。

スワップポイントを基準に口座開設する会社を選びましょう。

スワップが高く安定した通貨ペアはオーストラリアドルがオススメ。

やはりこれらを取り扱っているところに口座を持っていると、外貨預金以上の高金利が期待できます。

ただし、スワップが高いとスプレッドコストも高くなる傾向にあるようです。

頻繁にトレードを行う場合は注意しましょう。

複数の口座を持ってみる

やり方が決まっていないというあなた。

多くのトレーダーは複数のFX口座を開設しています。

なぜなら、結局自分の希望を全てを満たしたものなど存在しないからです。

その為にいくつものFX会社が自社のメリットを追求しているのですし、利用者も個人個人の戦略に応じて選べるのです。

FX口座を複数開設し、トレードを継続することで自分に合ったスタイルやFX口座が見つかるのです。

稼ぐためにはここから始まります。

FXのキャンペーンを活用してみる

FXがひとつのブームのようになってくるにつれて、参入してくる業者の数も多くなっています。

いまのFX業界は、熾烈な顧客獲得競争が行われています。

スプレッドやスワップなどではあまり差がつかないため、各社さまざまなキャンペーンを打ち出して、魅力ある差別化を図っています。

中にはキャンペーンなどは一切行わず、自社の売買システムや売買条件などの優位性で勝負するという業者もありますが、 それは一部の外資系業者に限ったことで、多くの業者は何らかのキャンペーンを実施しています。

こちらでは実際に行っていたキャンペーンの例を紹介します。

キャッシュバックキャンペーン

一番多いのはキャッシュバックキャンペーンです。

キャッシュバックというのは現金で特典が支払われるというもので、5000円程度から3万円、数十万円という大きなものまで、実に色々なものがあります。

もちろんこれらのキャッシュバックというのは支払われるために色々な条件がついていて、各社それぞれ色々な条件を設定しています。

通常、キャッシュバック金額が大きくなると条件クリアをするハードルは上がってきます。

マネックス証券のキャッシュバックキャンペーンでは、口座を開設し、取引のための資金を入金、そして実際に取引をすると2万円ほどのキャッシュバックです。

外為どっとコムは、口座開設と所定の金額を入金で5000円、実際に取引をすればさらに1000円となっていました。

高額キャッシュバックでは、上田ハーローFXが特徴的です。大口取引を対象にしている業者だけに、キャッシュバックはなんと最大20万円です。

取引スプレッド狭小キャンペーン

その他によく見られるのは取引スプレッドを狭くするというのもあります。

本来はもっと大きなスプレッドで 取引するようになっているところを、キャンペーン期間はいつもより小さなスプレッド幅で取引ができるので、利益を出しやすくしてくれるというわけです。

過去のスプレッド狭小キャンペーン実施会社を紹介すると、GMOクリック証券、マネーパートナーズ、FXプライム byGMO、外為ジャンパンが、フォレックストレード等がありました。

キャンペーンを利用して集中的に取引をすれば、収益にかなり影響するので場合によってはキャッシュバックよりも魅力的なものになるかも知れません。

最近では通常スプレッドが十分に狭くなってきましたので、スプレッド狭小キャンペーンを展開する企業は少なくなってきました。

独自ポイント付与キャンペーン

大手ポータルサイトなどを運営しているところのグループ会社という場合は、他のグループサイトで使える ポイントを発行してくれるというところもあります。

楽天証券がその典型で、楽天市場で使えるポイントがもらえるということは、そこで色々な買い物ができるので事実上キャッシュバックを 受けたのと同じことになります。

口座開設と入金、そして取引をすれば最大で2万1200ポイントが付与されます。これは楽天市場で使えるので、いつも利用している方にとってはかなりおトク感があります。

コメント